カー用品

  • ホーム
  • カー用品(バッテリー)

バッテリーの寿命が近づくとどうなる?

バッテリーの寿命が近づくと、おもに以下のような症状が現れます

●キーを回したときのキュルキュル・・・変な音がしはじめた!
●ヘッドライトがなんか暗くなってきた気がする・・・。
●パワーウィンドウの動きが悪くなって気がする・・・。
●バッテリーの端子付近に粉がふいている!!!。
                   などなど。。。

突然やってくる寿命に注意!

2~3年経過したバッテリーはます点検を!

バッテリーの高性能化にともない、劣化に気づかずに、突然エンジンがかからなくなってしまうケースが増えてます!
バッテリーの寿命は2年~3年。年数を目安にまずはテスターによる点検をお勧めします。

JAFロードサービストラブルランキング第1位

最近の車に搭載の充電制御車対応バッテリーとは?

近年発売されているエコカーなど大半のクルマには、充電制御システムが搭載されています。

最近のクルマには、ECUなど電気を必要とする部品が多く搭載されているのでバッテリーにかかる負担も増大!
その上、充電制御車は、充電のON/OFF を繰り返すので、安価なバッテリーでは耐えられないんです!!

今、お乗りのクルマが充電制御車かそうでないか・・・確認してみましょう!

①まずはリアウインドウのステッカーを確認しましょう。

以下のようなステッカーが貼られている車の場合は、充電制御車の可能性があります。



※このステッカーが必ずしも充電制御車を示すものではありませんから、まずは最初の目安としてご確認ください。

②車検証で「型式」を確認しましょう。

車両型式が「CBA」もしくは「DBA」で始まります!
例)「CBA-AZR65G」や「DBA-GSR181」等です。
※充電制御車ではない型式は「GF」や「U」等で始まります。

③車両を目で確認しましょう

車検証等で上記型式が確認できれば確実ですが、確認できない場合は、バッテリーターミナルについてあるセンサーで区別できる場合があります。
コチラのサイトから検索できます!→
http://panasonic.jp/car/battery/jyuden/ju03.html

「充電制御システム対応バッテリー」は充電回復性能に優れており、少燃費で寿命維持・向上につながりますよ!

アイドリングストップ車にお乗りの方へ!

アイドリングストップ車には新車品質のバッテリーが必要です!

アイドリングストップ車用バッテリーがあがってしまったらどうなるの?

  • アイドリングストップシステムが作動しなくなり、従来の燃費性能が発揮できなくなります。
  • エンジンがかからなくなっちゃいます!
  • オートロックが解除されません。(ドアが開かなくなります)
アイドリングストップ車のバッテリーは「エンジン始動」「アイドリングストップ中の電力供給」「再スタート時のエンジン始動」に使われるので常に充電が不足しがち!
頻繁に繰り返される充放電に対応し、過酷な環境に耐えられる耐久性能が求められます!

オートバックスがお勧めするのが、アイドリングストップ車専用バッテリー。車検ごとのバッテリー交換をおすすめします!

 

バッテリーはクルマを動かさなくても微電流をあちらこちらに流しています。
また、最近のバッテリーはメンテナンスフリータイプが多くなっていますが、液減りしにくい分、液量のチェックがさほど必要なくなっていますが、2〜3年もすると寿命は訪れ本来の性能が出なかったり電気を溜められる量が減ってしまっています。

バッテリー無料点検実施中

バッテリーコンディションを正確に診断します!
外出先でのトラブルになるその前に!点検時間は、わずか5分!!

電圧の下がったバッテリーを使用し続けると、オルタネーターに大きな負担がかかり、そのためエンジンにも負担がかかり、燃費が増し、1リットル当たりの走行距離が短くなり不経済になります!
  • イベント・キャンペーン案内
  • 商品情報案内
  • 装着事例集
  • オイルWEB予約
  • 車検WEB予約
  • お買い得情報・アウトレット
  • 会員様限定!WEBチラシ
  • オートバックス 保険のご案内
  • オートバックス ポイントアップカード 新規会員登録
  • AB福岡オリジナルアプリ
  • 採用のご案内
  • オートバックス福岡 店舗のご案内